ゴルフ 初心者

ゴルフの初心者はどうやって上達すればいいの?

ゴルフの初心者はどうやって上達すればいいの?

引っ掛けを防ぐ方法

 

ゴルフの初心者はどうやって上達すればいいの?

 

ショートアイアンは左へのミスが出やすいクラブなのだ。左へ引っ掛けてしまうと考えていた以上の飛距離が出るので、グリーン左奥のOBへ等という大けがも起こりかねない。
良くひっかけが出る人と言うのは、クラブを握る作業を間違えている場合が意外に多い。

 

どういうことかというと、ショートアイアンの場合はオープンスタンスにするが、グリップをしたままスタンスをオープンにすると、実際にはフェース面を左向きにしたままでグリップしたことになってしまっている。
これでは引っ掛けが出て当然と言わざるをえない。

 

正しくは、オープンスタンスをとってからフェース面を正しく目標に向けてグリップするようにしたい。
また、大振りも左へのミスを呼ぶもとになる。
左足ウエートをキープしたままで右足へのウエート移動はせずに、右肩から左肩の高さまでのコンパクトなスイングを心がけることだ。

 

ゴルフの初心者にとって、引っ掛けを防ぐのは案外難しいかもしれない。
練習の際から是非、気を付けて行ってもらいたい。

スタンス幅とボール位置

 

ゴルフの初心者はどうやって上達すればいいの?

 

ショートアイアンになるとミドルアイアンよりもさらにスタンス幅は狭くなり、ボールも内(右足より)に入ってくる。
といっても、身体の中央よりも右側(右足より)にはこない。つまり、ショートアイアンでは、ボールは体の中央かやや左寄りとなるわけだ。
その結果として、ますます左足ウエートになり、ハンドファーストの度合いは強くなってくる。

 

ミドルアイアンと違うのは、後述する引っ掛け防止の意味もあってスタンスをオープンにすることだ。
つまり、左足を少し引いてスタンスラインを目標よりも左向きにする。
ただし、腰と肩のラインは目標に対してスクエアに構えておくことが大切になる。

 

スイングの大きさは、より小さいものになってくる。
アドレスで作った左足ウエートの状態をキープしたままスイングすることが、より正確さを増すポイントだ。

 

スタンス幅とボールの位置は初心者にとって特に気にするべきポイントだ。
ゴルフの初心者の方は、是非気にして練習してほしい。

ミスを減らすポイント

 

ゴルフの初心者はどうやって上達すればいいの?

 

ミドルアイアンでのミスの多い人の大半は、ドライバーショットのように大きく振り回している。前述したようにスタンスも狭くなり、手に持っているクラブも短くなっているのに、ドライバーと同じように大振りしていたのでは体のバランスを保つのも難しくなる。

 

クラブが短くなるということは、ボールに近くたつということであり、なおかつスタンスも狭くなっているのだから、当然それにつれてスイングも小さくなってくるのが正しいのだ。

 

せいぜいスリークォーターまでがそのクラブのフルショットと考え、気持ちとしてはよりコンパクトなトップスイングをイメージしたほうが正確さは増してくる。

 

そしてもう一つは、常に同じ店舗、リズムでスイングするように子ことが蹴ることだ。
届きそうもないと思ったら一番手長いクラブを選べばいいのだから、何も大きく振ることはないのだ。

 

初心者の場合、どうしてもミスが多くなるだろう。
それは仕方ない。練習量がたりないこともあるが、ミスを除くための練習ができていないのだろう。
ゴルフの初心者は、ミスを減らすポイントを押さえつつ練習してほしい。

正確性をより高める方法

 

ゴルフの初心者はどうやって上達すればいいの?

 

ロングアイアンはスイープショットだったがミドルアイアンになると上から下へのスイング軌道のダウンブローになってくる。
これは使うクラブが短くなるにつれてスタンス幅が狭くなり、ボール位置も内(右足より)に入ってくるからなのだ。両足へのウエート配分も、徐々に左足にウエートが多くかかるようになってくる。

 

その結果としてボールよりも手首のほうが目標方向にでた形(ハンドファーストの構え)になってくる。ちなみに手首は、左足太ももの内側が特殊なショットを覗いでの正しい位置。

 

各クラブごとの距離を打ち分け、狙った方向に正しく打ちだすポイントは、このハンドファーストの形を保ったままスイングすることにある。つまり、アドレスで作った左手首の角度(左手甲と外腕部の角度)をキープしたままでインパクトできれば、正確なアイアンショットが可能となるのだ。

 

初心者の場合は、ショットの正確性が高くなることは直にスコアに繋がってくる。
練習を行えば行うほど正確性をあげることができるだろう。
ゴルフの初心者は、積極的に正確性にこだわった練習を行ってほしい。

ホーム RSS購読